2012年09月30日

設定変更の見極め

設定変更時には設定変更を確定させる時、レバーを叩きます。
リール
しかし、そのレバーを叩いた時にリールが回転することはないのでリール配列から変更の有無を見抜くことはできません。

しかし設定変更後は内部的にリールがリセットされます。

リールの左・中・右それぞれに1コマずつ1〜21まで番号が付いていて、閉店時に左・中・右の出目がそれぞれ10・11・12だった場合、設定変更すれば翌日の出目は10・11・12のままですが、内部的には1・1・1になっています。

出目と内部的な出目がズレているのでレバーオンから回転開始までの間にガックンとリール全体もしくは一部がぶれることがあります。メーカーによって違いますが、朝一にリールガックンがあれば変更濃厚、無ければ据え置き濃厚。

設定変更後に1回転回された、リールを手で動かして出目が変わっていた場合は通用しません。対策として設定変更台のみ1回転回す店もあります。
よってほとんどの台が前日と同じ出目で数台のみ出目が違うといった場合には変更濃厚と考えてもいいと思います。


posted by げお at 13:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。