2012年10月03日

ホルコンについて

現在のパチンコ、パチスロ業界は管理化されています! 
現在ホールのほとんどの店舗で、ホルコン(ホールコンピューター)と呼ばれるシステムが導入されていると言われています。
ホルコン

ホルコンの制御によって、利益や出玉率の設定が可能で、ほとんどのホールでホルコンによる出玉制御が行われていると言われています。遠隔操作も常識的に行われていると言われており、実際に遠隔操作で逮捕されるパチンコホールの関係者は現在でも後を絶たない状況です。

近年、顔面認証システムの導入等など、年々顧客管理の方法が管理化、緻密化の一途を辿っていて、個人単位で出玉の制御ができるとも言われています。
顔認証システム

現実的にパチンコ、パチスロで遊ぶのは、大事なお金を捨てるようなもで、パチンコ、パチスロ自体、コストの高い、負けを前提とした割りの合わない娯楽と言ってしまってもいいのでわないでしょうか。

1500万人以上とも言われるパチンコ・パチスロ客の中で、本当の情報を知る人はほとんどいないでしょう。
業界全体が情報を公開しないで客を管理する業界は他にはないんじゃないでしょうか?その背景には警察、政府が関係しているのはよく聞く話だと思います。
賭博ではなく、遊技だから、というのが建前だが、ギャンブル性が著しく向上し、もはや遊技とは言えない領域にまで発展した、パチンコ・パチスロ業界は今後どのように変わっていくんでしょうか?


posted by げお at 15:52 | Comment(0) | ホルコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。