2012年09月17日

パチスロ『北斗の拳』攻略-3

北斗の拳』攻略
北斗の拳-世紀末救世主伝説-

まだまだ人気のパチスロ『北斗の拳』。
今回は、『設定判別要素』。
いくつかの設定判別要素がありますので順を追って紹介します。
まずはレア小役出現率
角チェリー、中段チェリー、弱スイカ、強スイカの4役の合算出現率に注目。
設定1 1/37.9
設定2 1/37.1
設定3 1/36.3
設定4 1/35.1
設定5 1/33.7
設定6 1/33.0
試行回数がないと判別が難しいが腰を据えて打つ人はカウント必須です。

次は、天国移行率
ART後orボーナス後の天国移行率に設定差有り。
設定1 15.2%
設定2 16.2%
設定3 19.0%
設定4 22.0%
設定5 26.0%
設定6 30.0%
高設定ほど天国移行しやすい。設定1と設定6は約2倍の差。

最後は、天国滞在時の弱スイカART当選率
天国モード滞在時に弱スイカ入賞でART当選はキーポイント。
設定1  7.0%
設定2  7.0%
設定3  8.0%
設定4 12.5%
設定5 12.5%
設定6 20.0%
設定6は別格!


posted by げお at 11:06 | Comment(0) | 北斗の拳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。